多発した首いぼの治療例です

 こんにちは。

日毎に寒さが厳しくなってきましたね。

京都は各地で紅葉が美しく色づいていますが、なかなか鑑賞しに行く余裕がなくて残念です🍁

 

今回は多発した首いぼを炭酸ガスレーザーで除去した症例のご紹介です。

和服を着る際に首元のイボが目立つのが気になる・・・とのことで、除去を希望されて受診されました。

 

処置前

f:id:Aya-hifuka:20191205111415p:plain

首から胸元にかけて多数の首イボが見られます。写真には映っていませんが、首の左側にも同様のイボが多数ありました。

首イボはスキンタッグと言って、チョロンと房のように生えているタイプの場合は手術用のハサミで根本から切除するのが一番綺麗に治ります。

が、この方のように平坦なタイプのイボ(アクロコルドン)だと切除は難しくなります。

保険診療で行う場合は液体窒素凍結療法となりますが、何回も通院しないと行けない上、色素沈着になってしまうことも多く、その場合は首元が点々とシミ状になって、水玉模様のようになってしまうことも・・・😫

(参考写真が見たい方は「首イボ 液体窒素 色素沈着」とgoogleで画像検索してみて下さい)

綺麗になりたくて治療するのに、水玉模様になっては本末転倒ですね・・・💧

 

と言うことで、やはり綺麗に治すには炭酸ガスレーザー治療が一番です👊

麻酔クリームを首から胸元に塗って30分ほど時間をおき、その後目立つイボをひたすら150ヶ所以上蒸散しました。蒸散した部分には2週間頑張って軟膏を塗り続け、傷が乾かないように気をつけていただきます。

 

 

処置2週間後

f:id:Aya-hifuka:20191205135823p:plain

 

炭酸ガスレーザー処置から2週間後、再診時の写真です。

150箇所以上蒸散した部分はすべて綺麗に新しい皮膚が張って治っています。

2週間後はこのくらい赤みが出ますが、ここから通常の皮膚の色に徐々に戻っていきます👍

 

ちなみに現在はこの再診時の写真から2ヶ月以上経過した状態です。

ブログへの写真の掲載の許可をいただくために、先日ご本人様に電話したところ、「先生! 赤みも消えて、すっかりきれいになりました。 首が綺麗になって人生が変わりました✨ ありがとうございます❗」、との大変嬉しいお言葉をいただきました。本当に医者冥利につきます😄

また後日経過を見せに来てくださるとのことで、上の写真よりさらに綺麗になった状態を見るのが本当に楽しみです。

 

炭酸ガスレーザーを照射して、どのくらい赤みが出るか、どのくらい綺麗に治るかは病変の大きさ、深さ、部位、そして患者さん個人の生まれ持った肌の性質によって異なります。

どの患者さんの場合も再診で来られるときはキレイに治っているか、なにか問題は起きていないか、傷を確認するまで期待と不安でドキドキします。例えて言うなら試験の合格発表を待つ気持ちに近いでしょうか・・・😅

期待通りに綺麗に治っていると、ホッとすると同時に本当に嬉しくなりますね🌸

 

 

施術名:炭酸ガスレーザー

リスク:麻酔クリームアレルギー、施術時の痛み、施術後の赤み、炎症後色素沈着、傷跡の陥凹、ケロイド等

施術費用(全て税別):カウンセリング料 3,000円、塗り薬 500円×必要本数、麻酔クリーム 2,000円

首イボ処置料 ↓

20個まで 1個あたり 1,000円
21~50個まで 21個目から1個あたり 700円
51~100個まで 51個目から1個あたり 500円
101個以上 101個目から1個あたり 300円

 

《2020年6月11日追記》

ウイルス性のイボ(青年扁平疣贅など)については、現在炭酸ガスレーザー治療は行っておりません。

診察してウイルス性の病変と判断した場合には治療はできかねますので、ご了承ください。

 

あや皮フ科クリニック|京都市上京区 西陣|一般皮膚科 美容皮膚科