多発した首いぼ治療例③ 続き

以前3月にアップした首イボの治療例の続きです。

先日ご本人様がたまたま別件で受診されたので、ついでに経過の写真を撮らせていただきました。

前回のブログでご紹介できたのは2週間後までだったのですが、あれから5ヵ月経ち、更に綺麗になっていたので、改めてご紹介をしたいと思います。

 

 まずは3月のブログの写真です。

いずれもビフォアと施術後2週間後の写真を並べています。

f:id:Aya-hifuka:20200317135908p:plain

 

f:id:Aya-hifuka:20200317140318p:plain

f:id:Aya-hifuka:20200317140555p:plain

 

 続いて施術から5ヶ月経過した写真です。

 

f:id:Aya-hifuka:20200928135850p:plain

f:id:Aya-hifuka:20200928141040p:plain

f:id:Aya-hifuka:20200928141108p:plain

 

首の右側、正面、左側、すべての角度においてイボがなくなって、お肌がすっきりスベスベです😄

施術2週間後にはレーザー後の赤み、色素沈着が見られていましたが、それも消退してすっかり元通りの肌、いやむしろ術前より更に綺麗になっています✨

首元のイボがなくなると、本当に若々しく美肌に見えますよね🌹

10歳は若返って見えるのでは無いでしょうか!?

実は首いぼと言うのはご本人が自覚している以上にはるかに多数あることが多く、この方は首からデコルテにかけて、なんと200カ所近く首いぼを除去しています😲

 

当院では厚生労働省の承認機であるアキュパルスという、高性能炭酸ガスレーザーを使用して丁寧に1カ所ずつ首いぼを蒸散していきます。

アキュパルスは無炭化蒸散と言って、レーザーで病変を焼く際に焦げ付きがでないのが特徴で、傷の仕上がりが非常に綺麗で、ダウンタイムが短くて済むのです。

ホクロやいぼを炭酸ガスレーザーで治療したいと思っている方は、値段のみで判断するのでは無く、信頼できる機器を使用しているかということも重要なポイントです。

 

施術名:炭酸ガスレーザー

リスク:麻酔クリームアレルギー、施術時の痛み、施術後の赤み、炎症後色素沈着、傷跡の陥凹、ケロイド等

施術費用(全て税別):カウンセリング料 3,000円、塗り薬 500円×必要本数、麻酔クリーム 2,000円

首イボ処置料:

20個まで 1個あたり 1,000円
21~50個まで 21個目から1個あたり 700円
51~100個まで 51個目から1個あたり 500円
101個以上 101個目から1個あたり 300円

・取り放題(首、顔など各部位につき)110,000円(麻酔クリーム、塗り薬2本込み) 

 

ウイルス性のイボ(青年扁平疣贅など)については、現在炭酸ガスレーザー治療は行っておりません。

診察してウイルス性の病変と判断した場合には治療はできかねますので、ご了承ください。

  

あや皮フ科クリニック|京都市上京区 西陣|一般皮膚科 美容皮膚科



 

 

秋のビタミントリートメントキャンペーン🍇

こんにちは。

まだまだ日中は暑い日が続いていますが、夜は少し涼しさを感じられる日も増えてきましたね。いつの間にか蝉の鳴き声も聞こえなくなっており、秋が近づいてきているなあ…、と実感しています🍁 

さて皆様、夏の紫外線やマスクの蒸れなどでお肌はお疲れではないでしょうか?

今回はそんな疲れたお肌の救世主、ビタミントリートメントのお得なキャンペーンのお知らせです🍊

まずはビタミントリートメントは何なのか、について説明したいと思います。

ビタミントリートメントとは電気や超音波の力を使って、美肌に必須の成分であるビタミンA、Cを肌の奥まで深く浸透させる技術です。

通常肌には異物が侵入を防ぐための皮膚のバリアがあり、単に美容成分を肌の表面に塗るだけては、浸透には限界があります。

クールビタミントリートメントではイオン導入と言って、肌に微弱な電流を流すことで、有効成分を肌の深部層まで浸透させることができます。更にダブルビタミントリートメントではイオン導入に加えて、超音波導入も行います。皮膚に超音波の振動を加えることで、キャビテーションと言う空洞化現象が起こり、イオン導入より更に高い浸透効果が期待できます。

単に顔に塗布した場合と比較して、クールビタミントリートメントでは4倍、ダブルビタミントリートメントでは40倍も浸透効果がアップします。

 

↓ クールビタミントリートメント ↓  

f:id:Aya-hifuka:20190701183306j:plain

 

↓ ダブルビタミントリートメント ↓ 

(先に下の写真の超音波導入を行い、続けて上写真のイオン導入を行います)

f:id:Aya-hifuka:20190701183821j:plain

 

ビタミンAは皮膚のターンオーバーの促進や肌ダメージの回復、過剰な皮脂分泌を抑制する作用があり、ビタミンCは美白効果や活性酸素除去、コラーゲン生成の促進や、毛穴の引き締め効果があります。当院では世界的に実績のあるエンビロンの導入剤を使用しております。

 イオン導入中には水分をたっぷり含んだミネラルパックも同時に行うので、しっかりと美容成分を閉じ込め、肌の深部まで浸透させます。

  

クールビタミントリートメント(イオン導入)

通常 8,000円 → 5,000円(税別)

 

ダブルビタミントリートメント(イオン導入+超音波導入)

通常 12,000円 → 8,000円(税別)

 

※初めて受けられる方はいずれもカウンセリング代別途

  •  ※施術後にA反応(レチノイド反応)といって、赤み、乾燥感等がでる場合があります。

是非この機会に夏の紫外線やエアコンで弱ったお肌にビタミントリートメントでたっぷり栄養を与えてケアしましょう😃

 

施術希望の方は電話もしくは窓口での予約をお願いいたします。

075-406-0100

あや皮フ科クリニック|京都市上京区 西陣|一般皮膚科 美容皮膚科

炭酸ガスレーザー治療の長期経過

毎日毎日溶けそうに暑いですね

気づくと最後にブログをアップしてから3週間も経過していました・・・。

皮膚科は夏が繁盛するので、当院も最近は混雑することが多く、暑さと忙しさで少々ぐったりしている院長です。

 

さてさて、気を取り直して当院で炭酸ガスレーザー治療を受けられた方の長期経過をお見せしたいと思います。

炭酸ガスレーザーを当てた後、赤みや色素沈着はどのくらい続きますか?」

という質問を受けることが多いのですが、以下の経過写真を参考にしていただけると幸いです。

照射後から赤みが出現、その後色素沈着に変化し、徐々に薄くなっていく・・・、という経過がおわかりいただけるかと思います。

もちろん個人の肌色や、肌質、どの程度紫外線を浴びるのか、日焼け止めやコンシーラーをきちんと塗って遮光できているか、といった要素によっても経過は異なります。

 

治療前

右頬に大きな茶褐色の病変があります。

当院を受診される前、10年くらい前にフォトフェイシャルを受けたことがあったそうですが、まったく変化が無かったとのことでした。

病変の表面がやや角化しており、脂漏性角化症が疑われました。

f:id:Aya-hifuka:20200821172822p:plain

 

レーザー照射後 2週間

割と深くまで病変があったので、全て取りきる為に深めに削ったため、照射直後は赤みが強く出ています。

赤みを隠し、色素沈着を予防するため、ここからハイドロキノン入りのコンシーラーを外用開始していただきました。

f:id:Aya-hifuka:20200821172843p:plain

 

レーザー照射後  1ヶ月半

赤みが薄くなり、辺縁部は色素沈着へと変化しています。

f:id:Aya-hifuka:20200822174326p:plain

 

レーザー照射後 5ヶ月

色素沈着、赤みともに薄くなってきています。

f:id:Aya-hifuka:20200822174514p:plain

 

レーザー照射後 10カ月

色素沈着がほぼ消退し、きれいな皮膚になっています。周辺のお肌と比較すると、レーザー後に新しくできた皮膚のところだけ生まれ変わったかのようです。

f:id:Aya-hifuka:20200822174701p:plain

 

いかがでしたでしょうか?

この方は女性で、メイクやコンシーラーもきっちりを塗られていたので、かなり深くレーザーで削ったにも関わらず、なかなか綺麗に治ったかと思います。

やはり日常生活での紫外線はあなどれないので、より良い結果を出すために、炭酸ガスレーザー照射後は油断せずに紫外線対策を行っていただきたいと思います。

 

あや皮フ科クリニック|京都市上京区 西陣|一般皮膚科 美容皮膚科




 

8月高濃度ビタミンC点滴キャンペーン&脇ボトックスキャンペーン延長

今年の夏は雨が多く、なかなか梅雨明けしませんね☔

毎日ジメジメして、洗濯物が乾かず大変です。

明日から8月とは信じられないですね。日焼けするのは嫌ですが、そろそろ太陽の光が恋しいです・・・😫

 

さてさて、8月のキャンペーンのお知らせです。

 

🍍高濃度ビタミンC点滴 キャンペーン🍊

 

高濃度ビタミンC点滴は抗酸化作用による美白効果、免疫力の向上、アンチエイジング疲労回復などに効果が期待できる点滴療法です。

ビタミンCは食事やサプリメントなどで口から摂取できる量には限界があります。高濃度のビタミンCを点滴で直接血管内に投与することで、内服と比較して血液中のビタミンC濃度を20~40倍に高められ、効果を十分に発揮させることができます。

免疫力を高め、新型コロナウイルスや夏バテに負けない体を作りましょう!

(あや皮フ科では防腐剤不使用のビタミンC製剤を使用しています)

 

8月 キャンペーン価格(カウンセリング料別途)

 

☆ 高濃度ビタミンC点滴 12.5g ☆

通常 9,800円  →  6,900円(税別)

 

 

 

そして更に! 6,7月のキャンペーンのワキボトックスキャンペーンも延長となりました~😃

 

↓↓ 詳細はこちら

aya-hifuka.hatenablog.com

6月に受けられた患者さんがつい先日別件で来られたのですが、「本当に脇がサラサラで仕事中も汗じみが気にならなくなり快適です😊」と、たいへん喜んでおられました。

忙しくて来られなかった方、迷っているうちにうっかり時間が過ぎてしまった方、この機会に是非チャレンジしてみてください🍉

 

tel:075-406-0100

あや皮フ科クリニック|京都市上京区 西陣|一般皮膚科 美容皮膚科

 

 

 

 

コレクチム軟膏を外用して1週間の経過

コレクチム軟膏を塗り始めて1週間経ちましたので、経過について書きたいと思います。

個人的にはなかなかよく効いている印象です😄

痒みや皮めくれは塗って1日で改善し、白色皮膚描記症も出なくなりました。

肌の調子が悪いときにエンビロンのシークエンストナーを塗ると、直後から肌全体が燃えるような灼熱感に襲われていたのですが、それも無くなりました。

あと個人的に嬉しかったのが、温度変化で顔に赤みが出やすかったのがマシになったことです✨

以前から些細な温度変化で顔が赤くなるのが悩みで、入浴の時などかなりぬるいお湯で短時間しかシャワーをしていないにも関わらず、お風呂から出る頃には額や頬が真っ赤になり😡、入浴後もなかなか引かないのが嫌でした💦

それがコレクチム軟膏を塗り始めて2,3日程度経過した際、入浴中にふと鏡を見て、「あれ?そう言えば今日は顔が赤くなっていない・・・。」と気づいたのです。

温熱刺激に対する過剰な血管の収縮・拡張反応が抑制されたのか??

原理はよくわかりませんが、血管の反応と言う点では共通なので、白色皮膚描記症が消退したことと関連していそうな気がします。(教えて!誰か詳細なメカニズムがわかる賢い先生!!)

 

今のところ、個人的な感想としてはコレクチム軟膏はなかなか良さそうです。 副作用も現時点では気になる点はありませんでした。

が、私の場合は普段はアトピー性皮膚炎の症状はほとんど無く、顔のみ時々調子が悪くなる軽症者なので、よく効いたのかも知れません。

もっと症状の強い患者さん達では効果はどうなのか。

まだ発売直後なので今のところ患者さんたちへの効果は不明ですが、現在続々と処方していますので、次回1~2ヶ月後の診察で、どのくらい効果が出ているのか、皆様から感想をお聞きするのが楽しみです😊

 

あや皮フ科クリニック|京都市上京区 西陣|一般皮膚科 美容皮膚科

 

 

コレクチム軟膏を塗ってみます

ここのところお肌が絶不調です・・・😥

顔が痒くてたまらず、乾燥もひどく、夕方頃になると顔がひび割れるのかと思うくらい突っ張り、頬は乾燥してめくれた皮が浮きあがり、ウロコのようにボロボロ剥がれてきます。

普段は問題なく使用できている化粧水や乳液なども、肌に付けるとピリピリ刺激感を感じて痒く、そして塗っても塗っても砂漠のように乾いて潤うことがありません⚡

元々4月、5月は毎年顔の肌の調子が悪くなりやすいのですが、今年はマスクによる刺激も加わって、7月になっても全く治りません💧

そしてアトピー性皮膚炎の患者さんのお肌の特徴である、白色皮膚描記症が出現しています・・・😱!!

f:id:Aya-hifuka:20200711173005p:plain

黄色の矢印で囲われた部分、耳前から口横の辺りまでうっすら白くスジ状に見えているのがわかるでしょうか?

これ、アトピー性皮膚炎患者の皮膚に特徴的な症状で、皮膚をこすると正常な肌では赤くなるところが、白くなるという現象なのです。皮膚血管反応の異常が原因で、このような症状が出現すると言われています。

今回は写真を撮った日の朝に痒みに耐えられず、ステロイド軟膏を外用した上に、抗ヒスタミン薬も内服してしまったので、ぼんやりとしかわからないですが、何も薬を使用していない時は、もっとくっきり白く見えます。

私は普段アトピー性皮膚炎の症状はないのですが、体調が悪いときや、肌の調子が悪いときなどは、痒みや赤み、そして写真のように顔に白色皮膚描記症が出現してしまいます。言うならば、潜在的アトピー性皮膚炎患者ですね。

元々幼少期にアトピー性皮膚炎、小児喘息があり、どちらも思春期頃に一度は寛解したものの、喘息は30代になって再燃、現在もステロイド吸入が手放せないという状態です。そしてダニやホコリによるアレルギー性鼻炎もあるという、バリバリのアトピー素因だらけの人間なんですよね・・・。

 小学生低学年の頃にはアトピー性皮膚炎の症状がまあまあひどく、その頃は肘やら膝裏などに激しく皮膚の炎症が出ており、痒くて、痒くてたまらず、爪で掻くだけでは飽き足らず、絨毯やらにこすりつけて掻いていました。

その当時はFTUという適切な外用量や、プロアクティブ療法についての概念が確立していなかったので、悪化して痒みが耐えられない状態になれば、思い出したようにステロイド外用薬をちょっと塗る・・・、程度の治療しかしていなかったと思います。

私はきちんとした治療をしていなかったにも関わらず、小学校高学年の頃に喘息もアトピー性皮膚炎も自然に寛解したので、本当にラッキーでした。

  

話がちょっとそれてしまいました💧

現在ステロイド外用剤や保湿剤を塗って治療しているのですが、それでも顔の皮膚のかゆみ、皮めくれがなかなか治らないので、前回のブログでご紹介したアトピー性皮膚炎の新薬である、コレクチム軟膏を塗ってみることにしました。

まず1回塗ってみましたが、なかなか薬の伸びもよくて塗りやすい印象です。今のところ刺激感等のトラブルもありません。

これから症状が改善していくのか、また改めてお伝えしたいと思います😉

 

あや皮フ科クリニック|京都市上京区 西陣|一般皮膚科 美容皮膚科

 

アトピー性皮膚炎の新薬、コレクチム軟膏

先月6月24日にアトピー性皮膚炎の新薬である、コレクチム軟膏が発売となりました😄

1999年のプロトピック軟膏発売以来、なんと実に20年ぶりの新薬で、世界に先駆けて日本での発売です。

f:id:Aya-hifuka:20200713141245p:plain


今のところ対象の患者さんは、16歳以上の成人アトピー性皮膚炎患者のみで、妊婦や授乳中の女性は主治医と相談が必要となります。

 コレクチム軟膏はJAK(ヤヌスキナーゼ)阻害剤という薬で、細胞内の免疫活性化シグナル伝達に関わるヤヌスキナーゼの働きを阻害することで、免疫反応の過剰な活性化が抑制され、アトピー性皮膚炎の症状を改善します。

つまりこれまでアトピー性皮膚炎の治療で主流であったステロイド外用剤や、プロトピック軟膏とは異なるメカニズムで効果を発揮するのです✨

ステロイド外用剤の長期使用で皮膚萎縮や毛細血管拡張の生じている方や、プロトピック軟膏のヒリヒリする刺激感が苦手という人など、色々な悩みを抱えるアトピー性皮膚炎の患者さんに治療の選択肢が増えて嬉しい限りです👍

今のところは成人適応のみですが、現在子供向けのコレクチム軟膏も承認申請中とのことなので、今後子供のアトピー性皮膚炎患者さんにも処方ができるようになることを期待しています👦👧

 

あや皮フ科クリニック|京都市上京区 西陣|一般皮膚科 美容皮膚科